• 売上改善にはポスレジの導入が必須

    • ポスレジはPOSレジとも表記される、レジの情報収集システムの1つです。



      POSは「Point of Sale」の略で、販売時点という意味です。

      ビジネスジャーナルについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

      ポスシステムを搭載したレジのスキャナーで商品のバーコードを読み取ると、バーコード情報に含まれる日時、商品名、値段などがレジ画面に表示され、レシートに印字されます。同時にレジ本体のメモリーに、これらの情報が記録されます。
      お客様が商品を購入し、販売が成立した時点で情報を入手できることから、POS(販売時点)システムと呼ばれています。


      ポスレジのメモリーに記録されたデータは売上管理に利用されます。

      具体的には、これらのデータを集計、分析し、売れる商品と売れない商品を識別して、商品の補充や値引きなどで在庫の回転率を上げます。ポスレジのメリットは、いつ、どの商品が、いくらで、いくつ売れたかという情報が把握しやすくなることです。このため業界を問わず多くの店舗で導入されています。
      店によっては、購入者の性別、年齢層、天候、地域(チェーン店の場合)といった情報を取る店もあります。

      人には聞けない珍しい飲食店のPOSに関する良い情報をご紹介するサイトです。

      特にコンビニやチェーン店では地域によって客層や売れ筋が違うため、より細かなデータを取ることが売上に大きく影響します。
      ポスレジを導入するには、初期費用が高く、データを活用するための知識が必要であるというハードルもあります。

      しかし、売上分析や在庫の把握を手作業でするには限界があり、機会損失を招く恐れもあります。

      長期的な視点で見れば、ポスレジの導入は、売上改善に不可欠です。

  • 関連リンク

    • POSシステムを導入するメリットとデメリットとは

      飲食店やコンビニなどでよく見かける「POSシステム」は、様々な情報を一元的に管理・分析することが出来る非常に便利なシステムです。POSシステム導入するメリットは、まず「販売情報をリアルタイムで管理することが出来る」というものがあります。...

    • ポスシステムの解析がビジネスの鍵になった

      今の時代はポスシステムの解析がビジネスの鍵となりました。その代表例がコンビニですが、コンビニが成功したのは、このポスシステムを解析して消費者の動向を知ることが出来るようになったからともいわれています。...