• POSシステムを導入するメリットとデメリットとは

    • 飲食店やコンビニなどでよく見かける「POSシステム」は、様々な情報を一元的に管理・分析することが出来る非常に便利なシステムです。



      POSシステム導入するメリットは、まず「販売情報をリアルタイムで管理することが出来る」というものがあります。バーコードをスキャンするだけで商品情報が端末に読み込まれ、その取引が成立(販売)されると「何の商品が何個、いつ売れたのか」と言う情報をデータとして入手することが出来ます。
      コンビニなどはそのデータを参考にし、何の商品をどのくらい発注するのか、何曜日の何時には何個の在庫を確保すれば良いのかと言った情報を客観的な統計データとして活用しています。

      飲食店ならばPOSシステムで得たデータを原価管理などにも活用しています。
      バーコードをスキャンするだけで簡単に操作できるだけでなく、様々な情報を元に効果的なマネジメントをすることが出来ると言ったメリットがあります。

      これからはポスレジの価格情報をお教えします。

      しかし、POSシステムにはデメリットもあります。

      ビジネスジャーナルの詳細は専用ホームページで紹介しています。

      それは「導入コストおよびランニングコストがかかる」という点です。

      導入時にはコストゼロで済ませられるものもありますが、いずれにしてもランニングコストについてはかかってきます。一応、ランニングコストについてもある程度はコントロールすることが出来ますが、保守点検に関するコストはどうしても必要なものになるのでその分の負担を考慮してコスト管理をしていくことが必須となってしまいます。

  • 関連リンク

    • POSシステムを導入するメリットとデメリットとは

      飲食店やコンビニなどでよく見かける「POSシステム」は、様々な情報を一元的に管理・分析することが出来る非常に便利なシステムです。POSシステム導入するメリットは、まず「販売情報をリアルタイムで管理することが出来る」というものがあります。...

    • ポスシステムの解析がビジネスの鍵になった

      今の時代はポスシステムの解析がビジネスの鍵となりました。その代表例がコンビニですが、コンビニが成功したのは、このポスシステムを解析して消費者の動向を知ることが出来るようになったからともいわれています。...