• POSレジは最も身近なマーケティングの手段です

    • POSレジとは、バーコードやレジのキーに商品名と売価を登録しておくことで、精算のスピードを上げる機能を持ったレジのシステムです。
      導入されてからは時間が経っており、スーパーやコンビニ、飲食店など、様々な場所で利用されています。



      若い人はアルバイトでPOSレジしか使用したことがないという人も多いでしょう。


      ひと昔前は商品すべてに値札を貼り、店員がその値札を見て金額を打ち込んでいくスタイルでした。
      しかしPOSレジにより、値札を見る手間や商品の値段を覚える苦労から解放されたのです。POSレジには商品名を記憶させることができますので、いつ、どんな商品が何個売れたかを情報として管理することができます。

      小売店は売れ筋の商品や、販売数の多い時間帯を客観的に把握することができ、品揃えや発注量の調整に活かしています。

      小売店は個人の勘や経験が利益を左右しますが、マーケティングを行うことで勘や経験の部分を簡単に共有することができ、発注作業の効率化に成功しています。現在の小売業ではPOSレジは欠かすことができないツールになっています。

      All Aboutのことなら、こちらをご参考にしてください。

      商品の内容以外にも、コンビニでは購入者の年齢、性別を打ち込むボタンがあり、どのような年齢層がどの時間によく利用しているかなども把握しています。

      マーケティングを行う上でデータを効率よく収集しています。

      特別なPOSレジのシステム情報を検索しましょう。

      また、大型スーパーではセルフレジが導入されていますが、売価が登録されていることから可能になったことであり、レジの人員削減や混雑の緩和に繋がっています。

  • 関連リンク

    • 売上改善にはポスレジの導入が必須

      ポスレジはPOSレジとも表記される、レジの情報収集システムの1つです。POSは「Point of Sale」の略で、販売時点という意味です。...

    • POSシステムを導入するメリットとデメリット

      POSシステムとは、簡単に販売データや顧客管理・マーケティングを行うことが出来る非常に便利なツールです。今現在、コンビニや飲食チェーンなどではほぼ確実に導入されているシステムと言っても過言ではありませんが、それほどまでに導入されている理由は「メリットがあるから」に他なりません。...